December 25, 2006

ラスベガスのショー

宇多田ママの様に5000万の現金を持ち歩くべくラスベガスへ!
ってなことは、じゃんけん運・くじ運・ギャンブル運からきしナシのワタシにとっては夢のまた夢。
ラスベガスの興味はカジノよりもショーなのだ。

今回のベガス訪問(25日〜27日)で、見た有料ショーは『KA』(カー)。
結論。
圧倒的にすごい演出でびっくりたまげてとーーっても感動。
ステージそうやって使うんだ〜!
アクターと息のぴったりの映像効果にどうなってるんだ〜!?
そして座席の頭もたれのところはスピーカーになっていて、近くの音にOh!
見たことない人は、是非見てください。
このショーには高橋典子さんという日本人の方が出演しています。高橋さんのブログはこちら
端役じゃありませんよ。バトントワリングでソロパートをつとめていらっしゃいます。
見事なバトンだなーすごいなーと思っていたら、後で日本人だってことを知りました。
"KA"という意味は、古代エジプトで信じられてきた 「人間の心に宿るさまざまな魂の総称」 らしいです。
っていうか、こんなにすごいショーの劇場がホテルの中に入っていることにもかなり驚いてるんです。すごいぞ、USA。

そのほかは無料のアトラクションを。
とってもテレビにもよく出てくるベラージオホテル前の大規模噴水ショー『The Fountains』。これは☆3つ!(ちゅーぼーですよの堺さん風)
DowntownのFremont Stのアーケードのスクリーンでのショー『Fremolnt Street Express』。これは☆2つ(ちゅーぼーですよの堺さん風)
MGMホテルでガラス張りの檻にいるライオン『Lion Habitat』。これは採点しません。
アラジンショッピングアーケードでの『Merchant's Harbor Rainstorm』これは☆1つ(ちゅーぼーですよの堺さん風)

後は、ストラトスフィアタワー展望台からベガスの夜景を楽しみました。
この展望台のところには、絶叫マシンが3つありますが、もちろんワタシは、、乗ってきてません。
見ただけで身震い腰砕けです。
それにしてもベガスの夜景、NYとは違った雰囲気のきれいさです。日本にはない広大な広がりを感じました。

写真は後日UP予定 こちら

ラスベガスまだまだ体験していないことがたくさんです。
ミュージカル、シルクドソレイユの別のショー、アダルト向けのショーなどなどなどなど。
行きは約4時間半、帰りは約5時間半の車の旅でした。
結構頻繁に行けるんじゃないのかな。
・・・今(27日)ちょうど、クリスマスにラスベガスに行ったという友達からメールが!車で3時間で行けたって。飛ばしたな(笑)。っていうか一緒の日じゃん!

■ラスベガス大全 → http://www.lvtaizen.com/index.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30435212

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。