April 09, 2008

Day2-d ホテル&食事

Mar 23, '08(Easter Sunday)

この日はBisbeeビスビーという街で宿泊。
ホテルはHOTEL SAN RAMON
ビスビーの街は細い道で一方通行ばかりで
ホテルにたどりつくまでに時間が掛かりました。
わかってしまえば、簡単な場所でした(笑)

DSCF7406.jpg

DSCF7408.jpg


親切にも上の写真の部屋から下の写真の青の部屋に
グレードアップしてくれました。
青い部屋のほうが、広くて静かという。
部屋にはボトルウォーター2本とチョコチップクッキーが置いてありました。有料ではありません。

この部屋とっても気に入っちゃいました。
My favoritです。
元々青が好きなせいもあるけれど。
朝の目覚めの時は部屋の壁も何もかも青い色が映ってかなり幻想的。
バスルームもステキでシャワーカーテンおしゃれだし
シャワーも湯量十分だし、温度も高くなるし
タオルは上質のふかふかのまだ新しそうな分厚いのでした。
(今回の旅で一番いいタオルでした)
アメニティーは LORD & MAYFAIR というところの。
これ、自然派のはず。
ソープもシャンプー&コンディショナーも
かなり使い心地良かったし、香りも良かったです。
アプリコットの甘い香りの匂い袋も置いてあったのでお持ち帰りしてしまいました。
他には綿棒とコットン付き。
そんなに値段高くないのに、とにかく良かった。

でも夜はオーナーさん家に帰っちゃうから
何かあったら電話してと連絡先を伝えて帰っちゃいました。
次の日もフロントがオープンしないので
電話してチェックアウトの方法を聞くと、
部屋に鍵置いておいて、だけ。

食事は外で。
ホテルのオーナーさんから教えてもらったところに行ってきました。
でも7時までに閉まるという。
なぜってイースターだから。
バーも今日は早くに閉まるというし。
なぜってイースターだから。
でも確かにビジターセンターは5時前で閉まってた。
たぶん、イースターだから。

半信半疑で街に繰り出してみると、
各店の入り口に張り紙が。
「今日はイースターだから休むわよん」みたいな。
私はここビスビーでアンティークショップやターコイズを見たかったのにぃ。
まあ、宗教行事だから致し方あるまい。

教えてもらったレストランというか食事処は
1軒はすでに閉まっていました。。。
街で唯一であるようなことを聞いたGeneral Store隣接のレストラン(っていうほどのところでもないけれど)で食事を採る。
これが、意外にもおいしかった!
昨日といい、今日といい当り☆
DSCF7419.jpg


DSCF7420.jpg DSCF7421.jpg

夕飯を食べてコーヒーでも買って帰ろうとしたら
コーヒー屋サンも閉店。
中には人がいるし、入り口でごちゃごちゃやってたら
店の人が中に入れてくれた。
でも残りのアメリカンしかないからタダでいいよと嬉しいお言葉♪

オーナーさんが教えてくれなかったら
夕食もろくに食べれなかったんだろうな、と
本当ならライトアップされているだろう
人気のないメインストリートを歩きながら思ったのでした。
片田舎での宗教行事はあなどれません。

でも一ついいことが。
店が開いていないので夜はとっても静かでした。
イースターだからネ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。