April 15, 2008

Day4-b カールスバット洞窟群国立公園

Mar 25, 2008(Tue)旅行4日目

見てみたかった国立公園、カールスバッド洞窟群国立公園Carlsbad Caverns National Park。
世界有数の大きさと美しさを誇る洞窟があります。

少しだけ駐車場渋滞になってました。
意外。
こんなへんぴなところに、しかもシーズンオフなのに。
人気だったのね。
だから、レンジャーツアーの予約満杯だったのね。

プレハブのビジターセンター(ただいま工事中)でチケットを買って
(国立公園パスでOKですが、一人一枚のチケットが必要)、
日本語ガイダンス機をレンタルする。

そしていよいよ洞窟へ!
エレベーターで下に行けますが、ここはやっぱり歩いて下りたい。
ナチュラルエントランスから洞窟に入ります。
DSCF7652.jpg
ここはシーズンになるとコウモリの大量飛行を見る場所。
入る手前でレンジャーから細かな注意事項を言われます。
岩に触るなとか
体調が悪い人はエレベータを使えとか
大きな声を出すなとか。

九十九折の急坂を下って日本語ガイダンスが言う。
「これから太陽の光が届かない場所になります」と。
左:入り口を振り返る。
右:少しの距離だけ照明をわざとつけていない道
DSC_2490.jpg DSCF7663.jpg
真っ暗こわーい。
よくまあこんなところ、ジム・ホワイト君は一人で探検したものだわ!

太陽光が届くところはコウモリのフンの臭いが充満しています。
3月はコウモリがいないけど、飛来の時期はどうなっちゃうんだろ。
天井手が届くところにあるし。
考えると不気味だわ。

あとはガイダンスを聞きながら
とにかくひたすら九十九折の坂を下って下って30分ぐらいしたら、
この大きくて荘厳な空間に出ます。
DSC_2526.jpg
日本語ガイダンスいいですよ。
英語で洞窟の歴史とか成長とか説明されてもわからないですもの。
日本語でだってなかなか聞かない「二畳紀」「石筍」とか地学や科学のお話メインですから。

それからしばらく歩くと地底のトイレ(水洗)とか
ランチルームとかギフトショップのあるフロアに到着です。
DSC_2539.jpg
エレベーターもここから発着します。

一休みしてアメフト場14面分の広さのビッグルームBig Roomを歩く。
大きいし、広いし、天井高いし、溶け出した石灰が作り出す景観、すごい。
DSC_2546.jpg DSC_2563.jpg

DSC_2565.jpg DSC_2573.jpg

↓Rock of Ages
DSC_2611.jpg
とにかく大きい。

DSC_2625.jpg

DSC_2630.jpg
照明はブロードウェイの方が関わっているそうです。
結構暗いので手ブレもすごいです。

ビッグルームは1時間ぐらい歩きました。
水の少ない洞窟でした。
なかなか見れない貴重な体験でした。
(ガイダンスが何度も言うので)自然と人間の関わりも考えさせられた場所でした。
今まで行ったアメリカの国立公園の中の
ワタシランキング3本の指の中に浮上。
オススメ。

エレベーターで一気に地上に。
太陽光は眩しい。
そしてありがたい。
DSC_2635.jpg
ビジターセンターからの眺め


エルパソからカールスバッド国立公園の入り口のホワイツシティWhites Cityまでのガソリン給油にはくれぐれもご注意を。
ワタシの記憶だと、この間の道に無い。
カールスバッドに行く方は大丈夫ですが、エルパソに戻るなら
絶対にホワイツシティで給油をしてくださいませ。
この記事へのコメント
私もここ、“アメリカに居るうちに行きたい所”のベスト5に入ってます。

もうちょっと交通の便がよかったらな〜(>_<)
Posted by shimaushi at 2008年04月17日 04:06
■shimaushiサン
飛行機で行って、2泊3日コースがギリギリでしょうね。
はるばる行くかいがあるところですよ。
Posted by よしえ at 2008年04月18日 04:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93302835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。