April 23, 2008

Day7-a 気になるマイカー

Mar 28, 2008(Fri) 旅行7日目

朝、早速愛車を受け取りに行く。

サンタフェに観光しにいっちゃって楽しんではみたものの
とにかく、マイカーのことが頭から離れません。

修理に時間がかかるって言われたらどうしよう。
もうこの車はダメだって言われたらどうしよう。
廃車って言われたらどうしよう。
カリフォルニアに連れて帰れなかったらどうしよう(うちらも含めて)
などなど。

そんな不安を抱えてサービスセンターに行くと
昨日対応してくれたおにいちゃん、朝早くからの出勤で笑顔でご挨拶。
さて原因は。

給油口のキャップがちゃんと閉まってなかった

えっっっとぉ。。。

ま、ま、ま、ま、ま、まあ、いいや。
愛車無事で。
ちょっとご機嫌斜めになってしまったのかな。
あははははは。

ということで、気分良く再びマイカーに乗って旅行開始!!
(その前にレンタカー返却したけどね)

アルバカーキは熱気球でも有名毎年秋には
フェスティバルがあるのだけど、観光用に気球が上がっていた。
気持ち良さそう!(うちらも気分良い)
DSCF8039.jpg

そうこうしているうちにアリゾナに再び戻ってきました。
時差があるので今日は1日25時間。
長距離移動の日なのでかなりお得感有り!(うちらもご機嫌)
DSCF8071.jpg
時刻は午前10:00。

そして本日一発目の目的地に到着。
時刻は午前10:50。
車も快調!
天気も良好!
DSC_2857.jpg
風強いのが気になるけど。

April 24, 2008

Day7-b 化石の森国立公園

Mar 28, 2008(Fri) 旅行7日目

Petrified Forest National Park
なぜかここだけ日本名に変わる化石の森国立公園。

ノースゲートから入園しViewPointをくまなくまわる。
DSC_2871.jpg
I-40より北側のView Pointはどれもこの様な景色ですが、
去年のグランドサークルの様な岩の景色なので
思い出して気分がわくわくします。

I-40とクロスする近くにルート66の名残も。
DSCF8102.jpg

昔々に先住民が書いた絵も。
DSC_2892.jpg

いきなり岩が青くなるブルーメサを通過して
なんていろんな面を見せてくれるのかしら
と気持ち踊っているところにクリスタル・フォレストに到着。
DSC_2927.jpg
見渡す限り木が転がっています。

面白い。

DSC_2917.jpg
化石になって、そのうち砂になります。
面白い。

そんなに面白くないところだろうと思っていましたが
それなりに面白く、
気付けば3時間も居てしまったのでした。

April 25, 2008

Day7-c メテオ・クレーター

Mar 28, 2008(Fri) 旅行7日目

ホワイトサンズの夕陽を見た頃から強風が止まない。
何もない砂漠化しているI-40は時たま砂埃舞う状況。
DSC_2938.jpg

冬期の閉館時間は5時のメテオ・クレーターに3:40に到着。
アリゾナ大隕石孔の方が日本では知られているのかな。
この名称の方が、何なのかってすぐわかりますね。
DSC_2943.jpg
入場料大人1人15ドルって高くないか。
一応National Landmarkなんだから、
国立公園の年パス使わせてくれてもいいじゃん
と思うけど、この建物は私設のようだ。

早速一番高い展望台へ行くも
風が強くて強くて。
風除けも何もない吹きッさらしのてっぺんだから、
気を抜くと吹っ飛ばされてそのまま崖に落ちていきそうな強風。
しかも気温低い。
DSC_2944.jpg

そそくさと下の方の展望台にいきました。
DSC_2953.jpg
縁っぷりが衝撃を物語ってますよね。

隕石の跡は内容はこんなものでした。

資料館になっているところはロズウェルのUFO MUSEUMと違って
最先端系な造り。
映像も展示の仕方も大人でも見ごたえありでした。

ちょうどTHEATERでの上映が始まるっていうんで寄ってみた。
映像はグリフィス天文台並に(いや、ちょい劣る)素晴らしかったのだけど、、
寝てしまいました。
椅子が快適だったんだモノー。

入場料は高いけど、行かないわけにはいかないでしょ、という場所でした。

I-40を降りてメテオ・クレーターへの道にあるガソリンスタンド
DSC_2954.jpg

April 26, 2008

Day7-d ホテル&食事

Mar 28, 2008(Fri) 旅行7日目

長距離移動のこの日の最終目的地はセドナ。
アメリカに来てからというもの、とってもとっても行きたかった場所。
今回の旅はこうして念願の場所を回ってこれて本当にいい旅だ!

お宿はかなりいいホテルにしました。
Conde Nast Travelerマガジンの
2008年『World's Best Places to Stay』
ゴールドリストの一つに選ばれたAmara Resort & Spa
風水に基づいて設計されているホテルの作りも雰囲気も良いし
ロビーには一度座ったら立ちたくないソファも置いてあるし
フレーバーウォーターもフリードリンクだし
日本人的心配りが行き届いた本当に良いホテルでした。
夕方には無料のワインテイスティングが行われていたのですが
観光してから楽しもうとお気楽な考えでいたら
帰ってきたら既に終っていました。むー、残念。

でもって、ベッドがなんともいえず快適。
爆睡しました。
何が違うんでしょうね。
DSCF8170.jpg

場所は、アップタウンは徒歩で行けるエリア。
そしてオーククリークの流れもホテル内から見ることができます。
DSCF8225.jpg

アメニティーはELEMIS。使用感かなり良かったなぁ。
タオルも上等。そしてバスローブ付き。
滞在客の多くはバスローブでバルコニーに出てくつろいでましたワ。
DSC_3045.jpg
ここではマッサージ&スパも受けれるのですが
観光メインの私は時間もないしパス。
でも時間に余裕があったら絶対やりたかったなぁ。
いつかまた来る時があったらまたここに泊まりたい。


そんなステキなところだったので
今日のディナーは街に繰り出すところをホテルのレストランを選択。
ムードも良くって期待したけれどこれは失敗。
値段高いのに味イマイチ。
お皿とか芸術性の追求に力を注いでいるのかしら。
ダンナサマ曰く「素材の味を殺している」。でした。

今日の朝はSuper 8 Motelのカップケーキ。
お昼はマクドナルド。
1日のうちで随分とまあ身分が変わったようです(爆)。

April 27, 2008

Day8-a セドナ

Mar 29, 2008(Sat) 旅行8日目

この日はお昼までセドナ観光。
の前に、昨日のセドナのサンセットから。

エアポート・メサから見たかったけど駐車場に空きが無くて断念。
そのまま上にあがって展望台からサンセットを拝む。
DSC_2987.jpg
ここには、日本人多かったなぁ。
しばらく日本人とご対面してなかったので、ジロジロ見てしまった。
DSC_2978.jpg
夕映えの景色も素晴らしく良かったセドナのサンセット。
とにかく素晴らしい。

そして今日、モーニングコーヒーがてらセドナアップタウン散策。
DSC_3002.jpgDSC_3017.jpg
DSC_3021.jpgDSC_3027.jpg
DSC_3015.jpgDSCF8215.jpg


チェックアウト後、ボルテックスを感じ取りに観光開始。
◆レッドロック・クロッシング
DSCF8235.jpg
ここガイドブックだと軽装でオーククリークを渡れそうなのだけど
どう見ても水流すごくてムリ。
でもここ、4大ボルテックスのカセドラルロックから
強いボルテックスが流れ込んでいるらしいのだ。
入場料8ドルかかるけど、カセドラルロックがとってもいい感じで
見れるから景色はとっても素晴らしい。

◆4大ボルテックスの一つ、ボイントンキャニオン
DSCF8253.jpg
トレイルヘッドからの写真がコレなんだけど
実はこれがボイントンキャニオンかどうかはイマイチわからない。

◆4大ボルテックスの一つ、エアポートメサ
前日サンセットを見れなかったエアポートメサ
DSCF8187.jpg

簡単に登れるし360度見渡せるので景色も抜群にグーゥ!!
DSC_3089.jpg

DSC_3098.jpg

DSC_3104.jpg

◆その他
チムニーロック
DSC_3081.jpg

ビッグサンダーマウンテンのモデルとなったと云われる
サンダーマウンテンがどれなのか全然わからなかった。
ジープツアーにも参加したかったし
4大ボルテックスのベルロックにも行きたかったけど
もう時間がないのでセドナ観光は終了。
あー、時間がないって厳しいわ。

April 28, 2008

Day8-b フーバーダム

Mar 29, 2008(Sat) 旅行8日目

セドナからラスベガスに向かう。
前日も通ったAZ-89、素晴らしくステキな道です。
クリーク沿いを走るAZ-89は、
例えたくないけど例えてしまう、
日本の奥入瀬渓流沿いを走っているような気分になります。
その後は、ここはいろは坂?ここは箱根の峠?
と言いたくなるような急カーブのくねくね坂を登ってこの景色。どん。
DSC_3118.jpg
COCONINO NATIONAL FORESTのVIEW POINTからの眺めです。
雪も残るOak Creek Canyonを登ってきたのがよくわかる眺めです。
DSCF8303.jpg

そこからひた走りフーバーダム手前で検問も無事済ませ
順調・順調と思っていたら渋滞にはまる。。。
ラスベガス方向だけ。。。
ちょうどタイミングが悪かったようだ。
DSCF8323.jpg
時間過ぎてダム内も見れなかったのでダム近辺を歩くのみ。
なのでセスナで見た風景で十分、むしろ上空からの方が良かったか。

フーバーダムで州が変わります。
DSC_3141.jpg

現在近道建設中。
DSC_3136.jpg

April 29, 2008

Day8-c ホテル&食事

Mar 29, 2008(Sat) 旅行8日目

渋滞にハマって一気に疲れが出てきた。
本日はラスベガス宿泊。
ホテルは、NY・NY。
この日のラスベガスのホテルは軒並み高価格。
前回60ドルとかで泊まった記憶があるラクソーでも
200ドル近い値をつけてた。
なんでこの時期高いわけ?
渋滞にはまるし、フーバーダムも見れなかったし
寄らないでさっさと家に帰ればよかったかなぁ。

DSC_3144.jpg
【NY・NY】

DSC_3149.jpg
【部屋からの眺め】

DSC_3155.jpg
【部屋からの眺め】

今日の食事
朝、セドナのコーヒーショップでバナナマフィン
昼、Jack in the Boxでハンバーガー(去年のグランドサークルの帰りに寄った同じところ)
夜、Monte Carloホテルのバッフェ(去年のグランドサークルの初日の料理)


無料ショーも見ずにCVSで水買って帰りました。

DSCF8358.jpg

April 30, 2008

Day9 ラスベガスそして帰途

Mar 30,2008(Sun) 旅行9日目=最終日

ようやく自宅に帰る日になりました。
一応カジノをやって一人分の昼ごはん分をゲットしたところで終了させる。
お昼にベガスを出発するもI-15、ひたすら断続的な渋滞。
断続的というかひたすら渋滞。
あー、もう、うんざりだよっ

お昼を食べたBakerという街にはエイリアンがいた。
DSCF8396.jpg
(この街から北にいってごにょごにょ走ると、エリア51があるとかないとか♪)

渋滞回避を狙って下道を行くも砂嵐に巻き込まれあえなく引き返しなどそんな小ネタもいれつつ、渋滞はカリフォルニアのI-15の検問ゲートまで続いたのでした。
DSCF8404.jpg
これを進んで行ったら本当に視界ゼロで怖かった。
あまりの慌てふためいたので写真なんか撮ってこなかったです。

そして夕飯は、旅の終わりはいつもココになっている
アーバインのFUKADAで。
DSCF8415.jpg
うどんと白米でご機嫌になって自宅に。

よーやく無事に帰ってこれたと安心して荷物を両手にたくさんかかえ自宅まであと50mぐらいの駐車場の階段で。。。。
私スっ転びました!
足首相当ねじったみたいで。。。
DSCF8417.jpg ごめんなすって、お見苦しい足で。
当初は腫れもしないしたいしたことないと思ってたのですが
旅行1ヶ月過ぎてもまだ痛みが治まらず。。。
うーん、厄が来たかあ。

     *  *  *

さてさて、これで今回の旅も終了。
成し遂げたって感じで妙に印象深い旅となりました。
これをやってしまうと、アメリカ大陸横断の往復やりたくなります。
それは老後の楽しみにとっておいて・・・
今回の走行距離は約2,860マイル、約4,600kmでした。

May 02, 2008

南西部旅行まとめ

南西部ドライブ旅行の日程と行程地図

  観光  宿泊場所
 1日目 MLBオープン戦観戦 MOTEL 6 (フェニックス)
 2日目 サワロ国立公園 聖ザビエル伝道教会
 ツームストン 
 HOTEL SAN RAMAN
 3日目 ビスビー エルパソ Camino Real(エルパソ)
 4日目 カールスバッド洞窟群国立公園 Super 8 Motel(カールスバッド)
 5日目 ロズウェル ホワイトサンズ国定公園 Super 8 Motel(アラモゴード)
 6日目 サンタフェ Super 8 Motel(アルバカーキ)
 7日目 化石の森国立公園 アリゾナ大隕石孔 セドナ Amara Resort(セドナ)
 8日目 セドナ フーバーダム NY NY
 9日目 ラスベガス ―


行程はこちらから(Google Map使用)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。